就学に当たって

現在Ronは、小学校の2年生です。
小学校の特殊学級で元気一杯勉強しています。

しかし、就学が決まるに当たり、いろいろな困難なことがありました。

2年前を振り返ります。

夏休み・・・私はRonを小学校に就学させたいと希望していました。

市の就学相談では、私の希望する小学校は、今いる子ども達
だけで先生は手一杯ですよ。といわれました。

Ronは言葉が話せないし、少し多動があります。

今の状況では、うちのこまで見れないという理由で養護学校を
勧められた。

しかし、かかりつけの医師からも、養護学校の先生からも
小学校でもやって行けれるといわれている。
私自身で、自分の子どもがどこだったら伸びるのか考えて、
出した結論。

Ronは、一緒に遊べなくても子ども達の中にいるのが
大好きな子で、お兄ちゃんの真似も良くします。

養護学校では、模範となる健常児はいません。
せっかく真似が出来るようになってきているのだから
その部分を伸ばしてあげたいと思いました。

だから、とにかく一生懸命に教育委員会の方に私の気持ちを伝えました。

そしたら、クラスが今は1クラスしかないけど、2クラスになれば
問題はないです。お母さん、もしも、2学級にならなくてもそれでも
入れたいというのなら、県の教育委員会に2クラス出来るように
頼んでみます。と言ってくれました。

「はい」

それは私にとっての賭けでした。

もし、2クラスにならなかったら、出来る限り学校に協力する気持ちで
いたのですから。

9月に入り、いよいよ小学校の校長先生と面談。

Ronは、校長室が落ち着かない場所のようで動き回りました。
校長先生は、以前は、特殊学級を受け持っていた
ベテランの先生でした。

「コチラにRonを入れたいのですが・・・」
というと、

いきなり、「入れれません」
という言葉が帰ってきた。

校長先生も今の現状を見て、話の出来ないRonが
入学することはむりだろうとの考えだったのです。

「Ronの日々の日記はつけているか?」
と聞かれたので、
「はい、ホームページを持っていますので日記を書いています。」
と言うと
「プリントアウトをして持っていらっしゃい。」

日々の様子が分れば問題が起きたとき何故だか
わかるということで、後輩の先生が、持ってきて添削した
分厚いプリントの束を私達に見せてくれました。

その後、ある日特殊学級の1人のお母さんがうちに
来て、お父さんも一緒に3人で校長先生と面談したか聞かれました。

「行ったけど、入れれないと言われました」と涙交じりで言うと、
「うちの子のときは、なんども面談したし、入学してからの計画を
立てて提示したりしたよ。それだけやらないとだめなんだよ」
と言われ、なんで、そんなこと言われなきゃならない?
「歓迎してくれないのですか?」というと、「そうじゃないけど」
と言い帰っていきました。

私は、何故、彼女がそういったのか不思議でした。
夏休みにばったり会ったときは、「待ってるよ!!」と言ってくれたのに

そんなことがあって、私は、何故Ronを小学校に入れたいのか
文章にまとめて、セミナーのレポートと一緒に校長先生に提出しました。

私はやみくもにRonを小学校に入れるのを望んでいるんじゃない。

理由があって、Ronの一番伸びる場所が小学校であると考えたのだという
ことを伝えたかったのです。


そして、私は、校長先生に年賀状を書きました。

歳が明けお正月

校長先生から「Ronくんを待っています」という年賀状が届きました。

しかし、教育委員会で2クラスになるかどうかの決定は
まだ出されておらず、不安な日々が続きました。

2月に入ってやっと、入学決定と2学級になることを
聞くことが出来たのです。

校長先生に電話で確認すると
「ホッとしている」と言って見えました。

まわりのみなさんに本当にご心配をお掛けしましたが、

Ronは、無事、小学校の特殊学級に入学できました


つづく



2006/08/09UP



BACK