Takkyは、1994年の真夏に生まれた7才の我が家の長男。
明るく積極的だけども、反面、気が弱いのが、母は気になります。

小さい頃から、甘やかせて育てたせいかワガママで手をやいて困っちゃう!
幼児の頃は、ブロックやパズル、トーマスが大好きで、2才児の時は、
電車の名前を数多く知っており、親をびっくりさせていました。

幼児って凄い!!

赤ちゃんのときから、私にべったりで姿が見えないだけで
大泣きする手のかかる赤ちゃんでした。

ただ、幼児の子育てで、最大の難関のオムツはずしは、期間は長かったけれども、
早くから、おしっこの感覚がわかる子だったので、3才のお誕生日前には、
とれました。うんちもぼぼ同時で、夜中のお漏らしも無く優等生。

公園デビューは、1才の時。それからは、冬以外は、せっせと近所の
公園に足を運びました。そこの公園は、同じマンションの子供達が
ほとんどで、案外簡単に友達ができました。ただ、なぜか女の子ばかりで
Takkyは、モテモテ。

目立ちたがり屋のTakkyは、公園にみんなが集まっていると、お尻をプリプリ
させて、みんなが笑ってくれるのを楽しんでいました。止めろっちゅうにぃ〜!

幼稚園に入ると、弟が出来て兄貴になりました。
でも、赤ちゃんが邪魔でしょうがない様子で、平気で
おなかの上にのったり、いじめまくる毎日。

赤ちゃん返りは、“抱っこ”。
今だ、“抱っこ”癖は直らず、母は腰が痛いよう。

私の持病が悪化したために、年長になった4月にTakkyは、
Ronと一緒の保育園に入るために、幼稚園から保育園にかわりました。

今年の4月には、引越し先予定の地域の小学校に入学。
引越しをするまでしばらく私が車で片道20分の道のりを
毎日送り迎えしていました。

だから、Takkyは、転校をする必要なく最初から
小学校の生活を始めることが出来ました。 



Ronは、1998年の梅雨に生まれた3才の我が家の次男です。
マイペースで、おとなしい子です。ただ、動く動く。Takkyの小さい頃と
同じで、どこに行こうにも私はへとへと。

やっぱり、男の子の育児は、体力がいります。
Ronは、ブロック・パズル・ミニカーが大好き!

Takkyは電車派でしたが、Ronは、車派です。

赤ちゃんのころのRonは、よく眠ってくれました。眠たくなれば、
勝手に寝てしまうので、2人目ってやっぱり、楽だなあなんて思ったものです。

ただ、ある日突然、夜鳴きが始まりそれが何ヶ月も続きこちらは、
すっかり睡眠不足になってしまい体調が崩れてしまいました。

30代の育児は、やっぱりキツイよぉ。〜
いま、思えばそれはただの夜鳴きでなく、睡眠障害
によるものだったのではないかと思っています。

1才過ぎても、言葉が出ず、バイバイやおつむテンテンも出来ず、
やっぱり、1才半検診でひっかかってしまいました。

2ヵ月後、市の保健婦さんが尋ねて見えて、Ronが名前を呼んでも
振り向かず、耳元で音をたてても振り向かないで遊んでいるのを
みて、気づかれたのでしょう。耳の聴力の検査と言葉の遅れのある
幼児が通う母子通園施設に入所することを勧められました。

でも、4月から保育園に通う予定になっていたので、
では、保育園に入れて様子を見ましょう!ということになったんです。

でも、給食はまったく手もつけず、昼寝もしない、保育室から、
ふらふらと園庭にでてしまったり、お兄ちゃんの保育室や
2才児の保育室へ一人で行ってしまったり、先生達をずいぶん
困らせていました。

そのころから、人と目を合わせなくなり、表情は無くなり、
タオルや服の袖を口に押し込み、ぐちゃぐちゃになるまで、
口に含むという癖が始まりました。

2才の誕生日を向かえ、言葉がまだ出ないということで園長先生
がひどく心配され、3人で市の児童相談所に発達テストにいったの
ですが、ん〜、かなり遅れているじゃないか!

職員の人は、「個性」だからって言ってるし。まさか、「自閉症?」
病院で診ててもらったら、やっぱりそうじゃない!!

努力の甲斐あって、今やいつもニコニコ笑顔のキュートなRon
に変身!!言葉はまだ話せないけど、療育を受け日々ゆっくりですが成長してます。


トップページへ